眼の中の水晶体が白く濁る病気です。

進行すると、視力が落ちるだけでなく、眼の中に炎症(ぶどう膜炎)が起こることがあります。

白内障が進行すると、視力が低下することがあり、治療法として白内障手術があります。

※白内障手術が必要な場合は眼科専門病院を紹介させて頂きます。
様々な原因により眼の圧力(眼圧)が上がることで、強い痛みを伴うこともあり、失明に繋がる非常に怖い病気です。
 
隅角インプラント設置術

緑内障でまだ見えている状態で、目薬では眼圧がコントロールできない場合に行う手術です。
 
義眼手術
緑内障で見えなくなり(慢性緑内障)、目薬でも眼圧が下がらない、もしくはそれでも目薬を続けることによって生活の質が落ちてしまうことがあります。義眼手術は慢性緑内障から解放してあげることが出来る手術です。
 
左眼が義眼手術後の写真
義眼手術後
眼の奥(眼底)には光を感じるための網膜や脳に信号を送る視神経があります。

網膜の病気には夜(暗いところ)から徐々に見えなくなってくる進行性網膜萎縮(PRA)や急に失明してしまう網膜剥離などがあります。

網膜の病気や視神経の病気は失明につながる場合が多いため、見え方に異常を感じた場合は早めの受診をお勧めします。
細菌感染などにより角膜に潰瘍ができ、強い痛みを伴います。

早期に治療を行わないと眼に穴が開く(角膜穿孔)場合もある怖い病気です。
目やにがとまらない、眼をこする、涙ヤケがひどいなどの不快症状が続くことが多い病気です。

しっかり原因を突き止め治療が必要になります。
 
流涙症
ワンちゃんは涙やけして当たり前と思われていないでしょうか?
涙やけにも数多くの原因があり、治療をすれば涙やけが治ることも少なくありません。
このワンちゃんは、目薬の治療により涙やけが改善しました。

 
 
眼瞼内反
生まれつきや、皮膚炎、痛みなどによりまぶたが内側に反り返り、痛みを伴い、眼の表面(角膜に)傷を作ってしまう病気です。原因により治療法が異なり、時には手術が必要になります。

手術前
手術後